So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
- | 次の10件

<ひき逃げ死>救助男性の目前に後続車 福島・いわき(毎日新聞)

 11日午後9時半ごろ、福島県いわき市平中神谷の国道6号交差点で、横断歩道を渡っていた近くの商店経営、江連忠義さん(73)が、同市内の男性が運転する乗用車にはねられた。男性が車を降りて倒れている江連さんを救助しようとしたところ、後続の乗用車がさらにはねて逃走した。江連さんは間もなく死亡した。

 県警いわき中央署は、最初の男性と、逃げた車のナンバーを元に割り出した同市内の20代の男と同乗の女から事情を聴いている。江連さんの遺体を司法解剖して死因を調べるとともに、どちらの車が致命傷を与えたか特定を急いでいる。同署によると、江連さんは自宅を出た直後に横断中に転んではねられたらしい。事故を目撃した妻が119番した。【蓬田正志】

【関連ニュース】
ひき逃げ:容疑で73歳女逮捕 男児に重傷負わせ 愛知
女性死亡:車体にはね上げ7キロ 容疑の女逮捕 宇都宮
ひき逃げ容疑:米兵を逮捕 沖縄県警
ひき逃げ容疑:米兵逮捕へ 沖縄県警
沖縄ひき逃げ:米兵の容疑者 自動車運転過失致死罪で起訴

看護職員の確保・定着に積極的取り組みを−医政局(医療介護CBニュース)
日米同盟深化が肝要=自衛隊幹部に訓示−鳩山首相(時事通信)
裁判員裁判 入力ミス新たに19件 最高裁の量刑検索システム(産経新聞)
<国交省>固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で(毎日新聞)
漁船不明 10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ(毎日新聞)

「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)

 鈴木寛文部科学副大臣は14日の定例会見で、公立小中学校1学級当たりの児童生徒数の上限を40人としてきた現行の国の学級編成標準について、平成23年度以降引き下げて少人数学級化を促す考えを示した。

 文科省によると、標準の見直しは昭和55年度に45人から40人に減らして以来、約30年ぶり。

 授業数や指導内容が増加する新学習指導要領の実施に向けて、教職員定数の在り方も抜本的に見直すことにした。

 鈴木副大臣は「教育現場は複雑な問題を抱えており、きめ細やかな少人数指導が必要だ。有識者や現場の意見を聞き、今年夏までに一定の結論を得たい」と語った。

 ただ、現行でも学級編成標準を都道府県が独自に設定することは可能。同省のまとめでは、東京都を除く46道府県では40人を下回る編成を既に実施している学校もある。

 学級編成標準については法律で定められており、今後の法改正などの手続きについて、鈴木副大臣は「議論が成熟して基準を変えることになれば、今の法律は複雑な書き方なので何らかの形でいじらねばならない」と述べた。

【関連記事】
進路指導教諭が選ぶ「面倒見のいい大学」 細やか指導、小規模校に強み
【主張】教育予算調査 ダメ教師が増えては困る
教員採用「広き門」で負の連鎖 競争率半減、質の低下も
竹島と高校解説書 固有の領土となぜ教えぬ
【私も言いたい】6年制教員養成 「免許更新制、継続すべき」7割

<ボルナウイルス>進化に影響?4000万年前感染 ゲノムに遺伝子断片(毎日新聞)
47歳男「遺体埋めた」=屋久島元社長不明−合同捜査本部設置・鹿児島、栃木県警(時事通信)
小沢氏の影響強化?政府・党首脳会議、週1回に(読売新聞)
<切手セット>遼クンの最年少賞金王を記念 販売受け付け(毎日新聞)
子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)

法廃止確約、訴訟終結へ=障害者自立支援法、国と原告が合意−厚労相「心から反省」(時事通信)

 障害者自立支援法に基づき、福祉サービス費用に原則1割の自己負担を課すのは違憲だとし、全国の障害者ら71人が負担決定の取り消しなどを求めた集団訴訟をめぐり、原告・弁護団と国側は7日、同法廃止などを定めた基本合意文書を取り交わした。これを受け、原告団は訴訟の終結を表明した。
 長妻昭厚生労働相と原告・弁護団が同日、同省で調印式を開催。長妻厚労相は「障害者の人間としての尊厳を傷つけたことに、心から反省の意を表明する」と述べた。
 合意によると、同省は2013年8月までに同法を廃止し、低所得者の自己負担がない新しい福祉制度を実施する。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

k1hcugdpのブログ
悩む大工のぶろぐ
競馬情報
債務整理・自己破産
即日現金化

普天間「決断、知事にお願いするかも」 平野官房長官、会談で表明(産経新聞)

 沖縄県を訪問中の平野博文官房長官は9日午前、同県庁で仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の早期決着を要望する知事に対し、平野氏は鳩山政権が5月までの決着を目指す中で、「知事に決断をお願いするかもしれない」と述べた。平野氏は移設問題を含む基地問題について首相官邸サイドが県など地元自治体と緊密な連携をとることも約束した。

 会談では、仲井真知事が普天間移設について「県民は県外を強く望んでいる。早く答えを出してほしい」と訴え、米軍再編ロードマップで計画されている沖縄駐留海兵隊8000人のグアム移転や嘉手納基地以南の6施設の返還が進むことへの県民の期待を説明した。

 平野氏は政府・与党が昨年末に設置した「沖縄基地問題検討委員会」で普天間の新たな移設候補地を検討していることを紹介し、「5月を政治決断できる目安においている」と説明。さらに「知事のご決断をお願いすることもあるかもしれません」とも述べた。

 平野氏は「決断」の意味について会談後、「諸課題を個別に詰める中で政治判断が入るところでは、お願いをしなければ止まってしまう」と記者団に語った。

 会談ではまた、官邸と県側の連携については、仲井真知事が従来の政府への要望に回答がないと訴えたことに対し、平野氏は「窓口を設けて大幅に改善したい」と応じた。

【関連記事】
日米外相会談 米が普天間問題で早期決着迫る
普天間問題 平野官房長官が沖縄入り
米大使が普天間で懸念 自民党の防衛相経験者と会談
12日にハワイで日米外相会談 米国務省発表
「最後まで県外、国外主張」普天間移設で社民・阿部氏

かずやのブログ
モノマネ博士
携帯ホームページ
競馬情報
クレジットカード現金化

防災担当は中井拉致問題担当相の兼務に(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日、前原誠司国土交通相が兼務していた防災担当相ポストを中井洽拉致問題担当相の兼務に変更する辞令交付を行った。

 また、菅直人副総理の財務相就任に伴い、仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相が地球環境対策に関する総合調整や税制調査会に関する事務など7つの事務担当を新たに命じられた。

 川端達夫文部科学相が遺棄化学兵器問題の担当となったほか、菅氏は引き続き成長戦略の取りまとめに当たる。

【関連記事】
台風や地震、日中韓で情報共有 防災担当閣僚級会合で共同声明
「残された課題も」17日の震災15年を前に兵庫県知事が会見
省庁のホームページ “シミュレーション”もので広報効果アップ
「出会いを大事に」震災で犠牲の神戸大生の母、小学生らに講演
人と防災未来センター「東館」公開 風水害を学ぶ

天使の誘惑
働き盛りの、ピアノ講師ブログ
現金化
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較

被害者100人、女子中高生のわいせつ画像撮影で教諭を再逮捕へ(産経新聞)

 インターネットのゲームサイトで知り合った女子中高生のわいせつ画像をホテルで撮影した疑いが強まったとして、兵庫県警少年育成課と明石署が、児童買春・児童ポルノ法違反(製造)容疑で岡山県津山市の同市立中学教諭、山本健司被告(49)=脅迫罪などで起訴=の逮捕状を取ったことが4日、捜査関係者への取材でわかった。容疑が固まれば、5日にも再逮捕する。

 山本被告は「100人ぐらいの女子中高生のわいせつ画像を撮影したり、メールで送信させたりした」と供述していることも判明。女子中高生に卒業アルバムの顔写真をメールで送信して男子高校生になりすましていたという。教え子や自身の子供の卒業アルバムを悪用していたとみられる。

 捜査関係者によると、山本被告は昨年11月29日、岡山県倉敷市内のホテル内で、岡山市内の中学3年の女子生徒(15)のわいせつな画像を、携帯電話のカメラで撮影した疑いが持たれている。

 兵庫県警は昨年12月、ネットゲームで知り合った同県明石市の女子高校生(16)にわいせつな画像を撮影させてメールで送信させ、「(わいせつ画像とともに)ネット上に名前と学校名を載せる」と脅したとして、脅迫容疑で山本被告を逮捕していた。

 その後、所持していた携帯電話を調べたところ、13〜16歳の女子中高生約30人のわいせつ画像が保存されているのを発見。山本被告を追及したところ、約100人の女子中高生に対して同様の犯行を重ねたことを自供したという。

 少年育成課などによると、山本被告は、卒業アルバムから男子生徒の写真を携帯電話のカメラで取り込み、17歳の高校生になりすまして「僕と付き合おう」などと書いたメールを岡山市内の女子中学生に送信。待ち合わせ場所に来た際には男子生徒の父親を装って「息子はホテルで休んでいる」などと偽り、部屋に連れ込んでいたという。

 山本被告は平成20年ごろから同様の手口で犯行を重ねていたとみられ、少年育成課などは再逮捕して余罪の裏付けを進める。

【関連記事】
「処女10万円」売春斡旋容疑で高3男子ら逮捕
デリヘル嬢は中高生…未成年雇用の違法店、急増のワケ
携帯一本で女子中高生売春クラブ経営 “お手軽”バイトの見えぬ実態
女生徒に「パンツ見せて」 60歳男逮捕 神戸
摘発理由は「水着の中に手」 無法地帯「着エロ」にみる児童ポルノの“境界線”

草食系男子の逆襲
いつでも、元気な税理士です。
クレジットカード現金化
現金化
現金化

<二重被爆者>山口さん、死の直前キャメロン監督らにバトン(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】広島と長崎の両方で原爆被害に遭った「二重被爆者」の山口彊(つとむ)さん(93)が亡くなる約2週間前、長崎市の病院を訪ねていた米作家、チャールズ・ペレグリーノさん(56)が6日、毎日新聞の電話取材に応じた。自らの死期が近いことを悟った山口さんは、ペレグリーノさんとともに訪れた映画界の巨匠、ジェームズ・キャメロン監督(55)と3人で手を取り合い、「原爆が何をもたらしたか、人々に伝えるバトンを渡したい」と思いを伝えたという。

 ニューヨーク在住のペレグリーノさんは08年7月、山口さんの体験を題材にノンフィクションを書くため、自宅を訪問。その後、病状が深刻になった山口さんが、二重被爆者に関する映画化構想を抱いているキャメロン氏との面会も希望していることを知り、先月22日、新作映画「アバター」の宣伝のため訪日した同氏とともに病院を訪ねた。

 ベッドに座った山口さんは死期が近いことを悟り、「私の仕事はほぼ終わり、引き継ぐ時が来た」と述べ、広島、長崎の惨劇を二度と繰り返さないよう語り伝える仕事を2人に託し、手を握って誓い合ったという。

 「もう時間がない。今こそ学ぶべき時だ」と訴えた山口さんに、キャメロン氏は「忘れ去られた事実を本当に再現する映画になるでしょう。山口さんのバトンを引き継ぐのは名誉なこと。最善を尽くします」と製作に意欲を示したという。

 科学アドバイザーとして「アバター」や「タイタニック」でキャメロン氏に協力してきたペレグリーノさんによると、二重被爆者をテーマにした作品は「6時間の大作」になる見込み。3D劇場映画になるかミニテレビシリーズになるか、目標時期も含めて詳細は未定という。

 山口さんの体験を基にしたペレグリーノさんのノンフィクション「ラスト・トレイン・フロム・ヒロシマ」は今月19日、米国で出版される。

【関連ニュース】
被爆者健康手帳:原告側の敗訴確定
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
山口彊さん死去:二重被爆者93歳 非核・平和訴え
20年五輪:JOC、広島・長崎共催拒否 世論支持を懸念
20年五輪:「広島、長崎共催は推薦できない」JOC会長

きよいちのブログ
丘の上の秀麻呂
即日現金化
ライブチャット
クレジットカード現金化 還元率

法的整理に難色=乗客離れを懸念−日航西松社長(時事通信)

 日本航空の西松遙社長は4日、同社再建について「できれば私的整理がいい。法的整理は乗客離れが心配だ」と述べ、法的整理に難色を示した。都内で時事通信の取材に応じた。日航が支援を要請した官民出資の企業再生支援機構は、会社更生法など法的整理を含めて再建策の検討を進めているが、西松社長は「機構とも相談したい」とした。 

【関連ニュース】
【特集】高校ラグビー 21世紀の優勝校
年末年始の交通・冬山情報〜東名、九州道で45キロ渋滞も〜
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕ゴージャス! エルメス内装ヘリコプター

生レシピ特選
界王拳
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
無料携帯ホームページ

<訃報>山元勉さん77歳=元民主党衆院議員(毎日新聞)

 山元勉さん77歳(やまもと・つとむ=元民主党衆院議員)4日、上咽頭(いんとう)がんのため死去。葬儀は親族だけで済ませた。喪主は長男英明(ひであき)さん。

 90年の衆院選で滋賀全県区に社会党から出馬し初当選。96年に民主党に転じた。計4期務め、環境政務次官などを歴任した。

c7mlnm21のブログ
ブレイクナイン
現金化
現金化口コミ
競馬サイト

土浦通り魔事件 金川被告の死刑確定(毎日新聞)

 茨城県土浦市のJR荒川沖駅通り魔事件などで9人を殺傷し、殺人罪などで死刑判決を受けた同市中村東3、無職、金川真大(まさひろ)被告(26)の判決が、控訴期限の5日午前0時確定した。先月18日の水戸地裁判決を受けて弁護士が即日控訴したが、同28日、金川被告自ら控訴を取り下げていた。

 金川被告は同25日の毎日新聞記者との面会で「(被害者に言いたいことは)まったくない」と謝罪の意思を示さず、死刑確定後、親族以外の面会ができなくなることについても「寂しくない」と淡々と語った。

 手紙や面会で金川被告の心理検査を続ける長谷川博一・東海学院大教授(臨床心理学)は「恐怖や寂しさなど自覚していない負の感情が、実際は心の奥に眠っているのではないか。家族関係の中で孤独な心を崩壊から守るため、自然とそういう心の働きが身についた可能性がある」と指摘した。

 判決によると、金川被告は08年3月19日、土浦市の三浦芳一さん(当時72歳)方で三浦さんを包丁で刺殺。4日後、JR荒川沖駅などで8人に切りつけ、同県阿見町の山上高広さん(当時27歳)を殺害し7人に重軽傷を負わせた。【原田啓之】

【関連ニュース】
土浦連続殺傷:死刑判決の金川被告、控訴を取り下げ
土浦通り魔殺人:金川被告死刑判決 被害者、謝罪を望む
土浦通り魔殺人:金川被告に求刑通り死刑判決 水戸地裁
土浦通り魔殺人:判決公判始まる 裁判長は主文を後回しに
茨城・土浦の9人殺傷:金川被告、死刑確定へ 控訴取り下げ、「何も思わない」

海外移住計画
お茶が大好き
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
競馬情報
ライブチャット
- | 次の10件
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。