So-net無料ブログ作成

普天間「決断、知事にお願いするかも」 平野官房長官、会談で表明(産経新聞)

 沖縄県を訪問中の平野博文官房長官は9日午前、同県庁で仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の早期決着を要望する知事に対し、平野氏は鳩山政権が5月までの決着を目指す中で、「知事に決断をお願いするかもしれない」と述べた。平野氏は移設問題を含む基地問題について首相官邸サイドが県など地元自治体と緊密な連携をとることも約束した。

 会談では、仲井真知事が普天間移設について「県民は県外を強く望んでいる。早く答えを出してほしい」と訴え、米軍再編ロードマップで計画されている沖縄駐留海兵隊8000人のグアム移転や嘉手納基地以南の6施設の返還が進むことへの県民の期待を説明した。

 平野氏は政府・与党が昨年末に設置した「沖縄基地問題検討委員会」で普天間の新たな移設候補地を検討していることを紹介し、「5月を政治決断できる目安においている」と説明。さらに「知事のご決断をお願いすることもあるかもしれません」とも述べた。

 平野氏は「決断」の意味について会談後、「諸課題を個別に詰める中で政治判断が入るところでは、お願いをしなければ止まってしまう」と記者団に語った。

 会談ではまた、官邸と県側の連携については、仲井真知事が従来の政府への要望に回答がないと訴えたことに対し、平野氏は「窓口を設けて大幅に改善したい」と応じた。

【関連記事】
日米外相会談 米が普天間問題で早期決着迫る
普天間問題 平野官房長官が沖縄入り
米大使が普天間で懸念 自民党の防衛相経験者と会談
12日にハワイで日米外相会談 米国務省発表
「最後まで県外、国外主張」普天間移設で社民・阿部氏

かずやのブログ
モノマネ博士
携帯ホームページ
競馬情報
クレジットカード現金化

防災担当は中井拉致問題担当相の兼務に(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日、前原誠司国土交通相が兼務していた防災担当相ポストを中井洽拉致問題担当相の兼務に変更する辞令交付を行った。

 また、菅直人副総理の財務相就任に伴い、仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相が地球環境対策に関する総合調整や税制調査会に関する事務など7つの事務担当を新たに命じられた。

 川端達夫文部科学相が遺棄化学兵器問題の担当となったほか、菅氏は引き続き成長戦略の取りまとめに当たる。

【関連記事】
台風や地震、日中韓で情報共有 防災担当閣僚級会合で共同声明
「残された課題も」17日の震災15年を前に兵庫県知事が会見
省庁のホームページ “シミュレーション”もので広報効果アップ
「出会いを大事に」震災で犠牲の神戸大生の母、小学生らに講演
人と防災未来センター「東館」公開 風水害を学ぶ

天使の誘惑
働き盛りの、ピアノ講師ブログ
現金化
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。