So-net無料ブログ作成

季節性並み対処、直後から検討=専門家諮問委の議事概要判明−新型インフル(時事通信)

 新型インフルエンザ発生直後の昨年5月、政府の対策本部専門家諮問委員会(委員長・尾身茂自治医科大教授)が初会合を開いた際、「軽症患者は自宅療養させるべきだ」との意見が上がっていたことが分かった。「季節性並み」の対処を事実上認めながら、政府が感染症法に基づく強制的な入院措置を一部解除したのは3週間後だった。
 厚生労働省が新型インフルエンザの発生を宣言してから28日で丸1年。情報公開請求に対し、内閣府が同日までに諮問委の議事概要を開示し、政府の対応が遅れた一端が浮かび上がった。
 諮問委の初会合が開かれたのは昨年5月1日。尾身委員長を含む3人が出席し、1時間半にわたり議論を交わした。当時は強毒型の鳥インフルエンザ(H5N1)を想定した行動計画に従い、大掛かりな水際対策を始めて間もない状況だった。 

淡海一家総長を逮捕 恐喝容疑、逃走手助け役も(産経新聞)
自民・松村氏が所得訂正(時事通信)
<枝野行刷相>特別会計改革案、夏までに提案へ(毎日新聞)
魁皇に総理大臣顕彰 首相「よく長く続けていますね」(産経新聞)
福島氏、現行案や修正案なら「重大な決意」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。